心うきうき春爛漫

 凍える寒さが日々に緩み、桜の花が咲き始めるといろんな花が一斉にほころび始めます。
 桜一つとっても、梅に競うように琉球緋寒桜が咲き、河津桜、陽光桜、そして日本人が一番好きと言われるソメイヨシノが、先を争うように咲き誇ります。
 ソメイヨシノが終わる頃、真っ白な大島桜や八重桜が次々と豪華絢爛な花を開き始めます。
 最近では、右近、御衣黄(ギョイコウ)という黄桜もあちこちで見かけるようになりました。
 桜が終わると真っ白な梨の花、あでやかな桃色の海棠と、私たちを急かすように咲き始めます。
 街路樹に目を移せば、ハナミズキが、白や赤の花で街を彩っています。
 あぜ道や個人のお宅の庭に目を移せば菜の花の黄色、色とりどりのチューリップが妍を競っています。
 気がつけば田んぼにはレンゲの花が微笑んでいます。
 春爛漫、花を追いかけているのか、花から追いかけられているのか、嬉しい悲鳴を上げる季節です。
 やがて山々は広葉樹の花が咲き始め、「山笑う」の季節が訪れます。