個人宅配

 最近、近所に住む年配の方から、うちが頼んでいる個人宅配について質問されました。
その方は、年をとって重い買い物の荷物がおっくうになってきたらしく、個人宅配を始めてみようかなと、興味をもっていました。
 うちが個人宅配を始めたのは、2人目の出産の時でした。
まだ小さい上の子を引っ張って、赤ちゃんを抱っこして、買い物に行くなんて無理だと思い、頼み始めて、今のところ重宝しているのですが、そろそろやめようかなと考えていたころでした。
若干割高だからです。
重くてたくさん飲む牛乳などはまだ個人宅配にお願いしていますが、割高なのが負担になってきた肉類などは、すでに近所の安いスーパーで買い始めていました。
子どもも大きくなり、買い物へ行くにも楽になってきているというのもあります。
 でも確かに、年配の人にとっては、個人宅配は便利かもしれません。
飲み物やおコメなど、重いものも運んでくれます。
今は少量パックなども買えるので、工夫して買えば余らせることもないでしょう。
 そういえば実家の母も、最近買い物がおっくうになってきているとこぼしていました。
私たちが実家にいたころは個人宅配にお願いしていましたが、独立して食材が余るようになり、数年前にやめていますが、また再開してみてはどうかと、今度持ちかけてみようと思いました。

ついつい買っちゃう

海外食品を扱うお店が増えてきました。
ジャンキーな色の調味料などは本場って感じで惹かれます。

珈琲が旦那も私も大好きなのでお気に入りのものを買いにいくのですが、それだけにはとどまらず。

日頃甘いものやお菓子をあまり買わない二人なのですが、海外旅行へ行ったときに食べて美味しかったチョコレートや、見るからにあまそーうなチョコに手を伸ばしてしまいます。

家に帰って旦那と早速食べると予想以上の甘さに少ししか食べれないなんてことも多いんです。

トリュフやエクストラバージンオイルのスナック菓子も魅力的。

夫婦そろって喫煙者のためどうしても観たい映画が一致しないと映画館に足を運ばず家でDVD鑑賞することが多いのでお供にピッタリ!
ポップコーンも大容量で濃い味なので買ってしまいます。

無駄使いとまではいきませんが見慣れないお洒落パッケージには財布の紐も緩みます!
旦那は料理もしないくせにイカスミパスタソースとか、ガーリックトマトのソースなどを手にとり、おいしそーを連発。

それくらいは自分で作れるから!と旦那には厳しい妻。
スリムフォー オンライフ

ドラえもんの声

ドラえもんの声が変わってもうかなりの月日が経ちました。
もう新しい声にしっかり慣れてしまってもいいものなのに、未だに今のドラえもんの声を聞くと違和感をおぼえてしまいます。
子どもの頃からずーっと大山のぶ代さんの声に慣れ親しんできて育ってきたので、その記憶がしっかりと根付いてしまっているのでしょう。
やっぱり子どもの頃に頭にしみ込んでしまったものは、大人になった時のベースなんだと思います。
食べ物の好みだって、子どもの頃に好きだったものはたいてい、大人になっても好きだったりしますもんね。
おいしい、おいしくない、という問題ではなく、その味が子どもの頃の楽しかった記憶とリンクしているからかもしれません。
今の子どもたちにとっては、逆に、昔のドラえもんの声は変に感じるのでしょう。
きっと。
テレビ番組でよくある、懐かしのアニメ特集なんてやっていると、今はまだ「ああ、昔のドラえもんの声だ」という反応が大半だと思いますが、あと10年もすれば、「昔のドラえもんの声ってこんなんだったんだ!」というように反応が変わっていることでしょうね。
子どもたちにとっては『今のドラえもん』が本当のドラえもん。
姿形は変わらないけど、声によって世代が分かれるって、ちょっと不思議ですね。

ようやく晴れ間

ようやくですが、こちらも晴れ間が見え始めてきました。
こちらもだんだん桜が満開に近づいてきています。
もしかすると、今日か明日あたりに桜が満開になるのではないでしょうか。
お弁当を持っていくということはいちいちしません。
ただ、満開の桜を撮影しに、どこかへ出かけるということはしたいと思います。
一ヶ月くらい、自分はお休みなので、今のうちに出かけられるところに出かけていきたいと思っています。
さて、今年は四月になっても、少し寒いような気がします。
四月になって、雹がいきなり降ってみたり、気温差が妙に激しかったりしますよね。
もう少しぽかぽか陽気になってくれてもいいんじゃないかなと思っているのですが、そこは人間がコントロールできないところなので難しい話です。
そして、今日はどうやら放射冷却の影響からか、晴れ間は見えているのですが気温はどうやら低いようです。
なので、服装面には気をつけながら外出をすることが求められるということですね。